世界が個人の期待と欲望の渦巻く舞台であることをやめ、人間が自由な存在として、それを驚嘆して眺め、問いかけ、思案するとき、われわれは芸術と科学の領域にはいる。われわれが目にし経験するものを論理的言語で追跡するならば、それは科学である。意識的ではないが、意味のあるものとして直感的にもとめられる関連をもつものを形状で表現すれば、それは芸術である。共通するものは、個人を超え、恣意的なものとかけ離れたものに対する献身である。

A アインシュタイン

"Where the world ceases to be the scene of our personal hopes and wishes, where we face it as free beings, admiring, asking, and observing, there we enter the realm of Art and Science. If what is seen and experienced is portrayed in the language of logic, we are engaged in science. If it is communicated though forms whose connections are not accessible to the conscious mind, but are recognized intuitively as meaningful: then, we are engaged in art. Common to both is the loving devotion to that which transcend spersonal concerns and volition."

Albert Einstein

Copyright 2017 Takahiro Kurashima